週に一度はいろんな上面を掃除決める

気付けばいろんなところに溜まる埃。何より大量に溜まった埃は気分が滅入りますよね。私は日々のバキュームクリーナーでのお掃除にプラスして、週に1度はハンディワイパーや雑巾を使っていろんな場所の上面をお掃除するようにしています。何より目立ちやすいのはテレビの上。静電気を発生するうえに、テレビのほとんどが黒いので白い埃は最も目立ちやすいのです。
他には茶色い木目調のタンスの上や棚の上等、ケバイものほど溜まった埃は目立ちます。その他気付きにくい部分としては、エアコンや照明器具の上面、棚に飾ってある装飾品や観葉植物の葉っぱなどにも埃は溜まります。またカーテンレールや階段の手すり、ドアの取っ手の設置部分や巾木(壁の下部に取り付けてある狭い横板)等の小さな部分も比較的溜まっていらっしゃる。壁に設置してある電気のスイッチや、コンセントも注意して見てみましょう。それほどコンセントは埃が溜まるという、その埃が原因で火災が発生する危険性も有るのでこまめにチェックしたいですね。因みにコンセントを雑巾で拭き掃除する場合はコンセントに洗剤が付着してしまった場合、誘発を起こしてこちらも火災が発生する確率が有るので乾拭きがおすすめです。このように週に1度、いろんな上面を掃除していると年末に埃にまみれて大掃除することも免れますし、何と言っても面白く生活が出来ます。また家具や家電を購入する際は白っぽいものを選ぶようにすると埃が目立ちづらくなるのでおすすめです。www.deaeru.net/

掃除のときに気をつけていること

きれいな部屋を維持するための私なりのポイントをいくつか書きたいと考えられます。
①決まった日に掃除を行う。
休みの日の午前中はきっちり掃除をするとしています。完璧にすみずみまでは行いませんが、定期的に掃除の日を決めておくと、部屋のきれいさを維持することができます。また、日を決めることによって、その日以外は掃除のことを考えなくてよいので楽です。
②友人を自宅に呼ぶ。
誰かを家に招く結果必然と掃除をしなければいけない状況になります。状況を先につくってしますと、どんなに忙しくてもめんどくさくてもその期日までに掃除をやろうという心構えができます。
③床に物を置かない
床か物があるといった掃除機をかけたり、雑巾がけをするのにも邪魔ですので、普段から床には極力物を置かないように心がけています。でも置いてしまったものは、掃除の際にもとの定位置にもどすか、いったん全部机の上にあげてから掃除を行います。
④換気は毎日行う。
掃除をするときはやはり空気の入れ替えのために窓をあけて行います。また掃除をしない日も一日に一回は換気を行います。現代の家のつくりは鉄骨などが多く、密閉された空間ができあがって決めるそうで、外の空気って部屋の空気を比べると、部屋の空気のほうが約8倍汚いそうです。なので、空気を入れ替えるだけでも、部屋のリフレッシュで楽しくなれます。http://xn--1-seuva0u1b7b4773c1k0e.xyz/

より、勉強環境を!

小さな時から少年団にはいり、年中練習の日々、そのため、勉強がおろそかに、周囲の子供たちの中には小さい頃から塾をめぐっている子もいたけど、なんだか少年団に力が入り、塾には行かせませんでした。その後中学生になりましたが、アラ、ともかく勉強の方が今一!恐ろしいなと思いましたが、今度は部活という少年団のダブルで、再び忙しく、私も仕事を始め、塾へ連れて行けず、一際、なんやかんや勉強をするきっかけを作ることができませんでした。スポーツではじめて高校進学したのですが、一生のうちで、一番頭によるほうがよかったのではないかと思う時期をまんまとスポーツだけで終わりを迎えさせてしまい、後悔です。
さくっと高校生になってしまい、勉強をする!という機会に上手く、路線に乗せれなかった後悔をしています。今はやはり、自分で勉強をしなければいけないと気がついて少しは行なってますが、小さい時からの習慣が大事だったな、って考えられます。スポーツばかりで成功する人は数少ないです。本当に、面白く徐々に、ストレスなく育つのもいいですが、漸くある、脳みそ、たくさんたくさん使わせるべきであったと心から思う近頃です。,http://www.ailocom.com/